パートを始めたのに、その収入はどこに行った??

子供が幼稚園に行くようになって、時間もできたし、旦那の収入だけでは苦しいので、パートに出ることにしました。

普段の通帳とは別の口座を給与振り込み窓口にして、よほどのことがない限り使わないようにしようと思っていたのに。。

今まで散歩のついでに買い物によって、子供の欲しがるお菓子を余分に買ったりしていました。幼稚園に行ってる間に買い物できるし、無駄な買い物がなくなるわ~、と思っていたはずなのに、今日のおやつに買ってあげよう、とか思って、結局お菓子買っちゃうんですよね。安いお菓子ではあるけれども、パート収入もあるし、と思っちゃうのか、以前と変わらない経済状況。

順調にたまっているはずのパート口座も、出産祝いや夏の旅行、保険の年払いなど、イレギュラーの出費の時ははやり頼ってしまう。結果2年たっても目立つほど貯まってないし。。

おろしやすいのが問題かも、と思って、先日自動積立設定にして、別の通帳に積み立てるように設定しました。これで普段目にしない口座に一定額は貯まるはず。と目論んでいます。

これから中学、高校となるにつれ、男子二人、食費もかかるし教育費もかかる。節約も大事ですが、収入を増やす方向も真剣に考えていきたいです。

コツコツ地道にを合言葉に貯蓄しています。

お金は天下の回りものとよく言いますが、私のところには少ししか回ってきません。

今の会社に勤めて20年。4人の子どもを持つ賑やかな家庭を夫婦共働きで支えています。

貯蓄をするには、簡単に考えると収入を増やすか支出を減らすしかありません。ですが、衣食住に関わる支出に加え、教育費や冠婚葬祭など突飛な支出もあったりすると収入を逆転する場合があります。さすがに子どもが4人もいるといろんなことがあります。共働きとはいえ、私の少ない収入で、見事なやりくりをしている妻に頭が下がる一方です。

その妻にやりくりの秘訣を聞いたことがあります。それは「給料が振り込まれたら決まった金額を簡単に引き出せない口座に入金する」「頭から貯蓄用のお金は無かったものと思って生活をやりくりしている」とのことでした。

背伸びした額を貯蓄するのではなく、できる限りで、コツコツ貯めることが秘訣のようです。

私も早速、月1万円のおこづかいから2000円を貯金することにしました。おこづかいは8000円なんだと思うようにして。まだ始めたばかりでそれほど貯まっていませんが、今では通帳の残高を見るのが楽しみで、余計に貯金してしまう月もあります。

妻に言わせるとそれも貯蓄の秘訣のようです。

固定費の節約が一番簡単にできる節約方法です

節約といえば、1円でも安いものを買いにスーパーをはしごしてみたり、お風呂のお湯を使いまわしたりとか大変なイメージがあると思います。

でも、安いものを買うのにはしごするのってけっこう大変ですし、お風呂のお湯も家族何人も入った後のお湯で洗濯とかに使うのは衛生面も気になります。

今、節約で一番しやすいのは、食費を削ったりとか電気代を削ったりたりよりも、携帯電話などの固定費の節約です。

携帯電話のプランの見直しや家族がいる方では、家族のプランに入っているかや家庭でインターネットを使っているなら光サービスと一緒にするなどプランの見直しをされると意外と固定費の圧縮ができます。

後は、保険などのお金です。保険をかけているけど、昔のままで意外といまのプランにしたほうが安かったり、サービスも違ったりするのでその辺も見直ししてみると意外と節約できたりします。

固定費の節約ができたところで、外食が多い方は家で自炊をするようにしたり、自炊で食費の多い方はムダな買いものをしてないかなど見直しをしてみると意外なムダが見つかって節約できるかもしれません。

外食が多い方は、まずは、ごはんを炊くから始めるとだんだん自炊ができるようになると思います。

やりやすいところから節約すると、続けられてお金も貯まるようになります。

シンプルに生活をしていると自然に生活に余裕が生まれます!

大人になって落ち着いたシンプルなものだけを組み入れるライフを始めてからは、自然と省エネや貯金ができていたり決める。

手拭いは白紙の品物、ベッド保障チックも単色の品物、バッファ保障やラグや布巾もドレスも食器などもオール単色の
シンプルなものを選び生活をしていらっしゃる。やはりその他のアイテムチックなども単色のものを選び、ごちゃごちゃした柄ものは購入し
ないことにしていらっしゃる。

ごちゃごちゃした品物しか乏しい時折迷わず買わないという規定だけを内面に作ってライフをするだけでも、まったく衝動買い
を減らせるし、不必要なものをおうちに入れないようになるものです。

必要なものだけを住宅に入れて、いらないものは徹底的に加工をすることを徹底すると、床や棚もあっさり揃うので扶養も単に
数分でぱぱっと締めくくることができます。

以前はお仕事場で一目ぼれをしてしまったアイテムは買わずにはいられなくて、即買いしては一気に飽きて仕舞うというライフを繰り返して
いたのです。そして、埃も貯まり易くて扶養にも疲れていたりしたのです。

しかし、色つやを統一する要素だけを考えてライフをしようと統制を決めてからは、不必要なものに目がいかなくなったのです!

質の良いシンプルなものだけを摂るライフをするだけで、自然と支出が静まり自然とお金が少しずつ滞り、生活に余白
の感じができてしまう!