郊外の賃貸です

貯蓄はなかなかできるものではありません。まず、子供は自分の手で育てるべきです。なぜなら、小学校になってから、子供を学童保育に行かせるなんて、もってのほかだからです。そんなにまでして働かなくてもいいように、女性は、20代のうちから、せっせと貯金しておきましょう。将来の結婚に向けての貯金です。

家庭を持ったら、貯金は出来なくなります。一人のうちにため込むのです。

更に、家庭を持ったら、郊外の賃貸しましょう。これだけで、5万円ぐらい、住居費の節約ができます。都会がたとえ好きでも、子供が生まれると、もう、遊びに等いけないのです。子供が生まれるのをきっかけに、引っ越しましょう。

郊外なら、広いスペースも得られます。都会ではスペースも狭い、これでは、小学校の子供には無理です。家には荷物があふれます。どんなにしても足りません。子供のものは増え続けます。郊外ならそれを一時的においておくこともできます。おもいでの絵まで、捨てないといけません。

お母さんも働かなくてもいいかもしれません。早くそれに気が付くことが大切です。父親の通勤時間が短いというエゴに付き合っていると、あっという間に、子供は小学生になってしまいます。