私の節約や貯蓄に対するやりくり術

テレビなどのニュースを見ていると、将来の年金についてのニュースが目に飛び込んできます。

私はまだ20代ですので、今のように65歳以上からの給付でしたら約40年後になりますが、今でも給付の年齢が引き上げられているので、私が高齢者になった時は年金自体いただけるかも定かではありません。

年金のニュースを見ていると、高齢者になった時のために、今から小さい額でもコツコツと貯蓄すべきだと思い始め、昨年から節約に取り組み始めました。

今年に入り、ゼロ金利の影響で貯金に対しての利息がなくなったり、振込などの手数料が高くなったり、昨年に比べて、より家庭を圧迫してきているので、少しずつでも取り組み事が重要ではないかと思っています。

私は無理に我慢などをすると、辛くなって続かないと思い、普段買い物や飲食、旅行などの際に少しでも自分に得になるような節約を心がける事にしました。

まずは化粧品や日用品、服飾などの絶対いるものの買い物に注目してみました。この部類は、今までは実際に店舗に行って直接買っていましたが、今現在はほぼネットショッピングに頼っています。服飾については、友人からは『自分のサイズに合わなかったらどうするの?』とよく言われますが私の場合、元々共働きの家庭で幼少期の頃から通販サイトで服を買ってもらう事が多かったので、全くためらいはありませんでした。

服に関しては難しいですが、靴などのサイズが合わなかったりしたら、店舗にもよりますが無料でサイズ変更ができる店舗もあります。

また実際店舗で購入するより、ネットショッピングで購入した方が、定価より値段が下がっていたり、よくセールをしていたり、ポイントもポイントサイトの経由やクレジットカードでの支払いで、店舗で購入するよりポイントがよく貯まります。

なので節約と言っても、小さい所から見直してコツコツと始めてみるのも良いと思います。

パートを始めたのに、その収入はどこに行った??

子供が幼稚園に行くようになって、時間もできたし、旦那の収入だけでは苦しいので、パートに出ることにしました。

普段の通帳とは別の口座を給与振り込み窓口にして、よほどのことがない限り使わないようにしようと思っていたのに。。

今まで散歩のついでに買い物によって、子供の欲しがるお菓子を余分に買ったりしていました。幼稚園に行ってる間に買い物できるし、無駄な買い物がなくなるわ~、と思っていたはずなのに、今日のおやつに買ってあげよう、とか思って、結局お菓子買っちゃうんですよね。安いお菓子ではあるけれども、パート収入もあるし、と思っちゃうのか、以前と変わらない経済状況。

順調にたまっているはずのパート口座も、出産祝いや夏の旅行、保険の年払いなど、イレギュラーの出費の時ははやり頼ってしまう。結果2年たっても目立つほど貯まってないし。。

おろしやすいのが問題かも、と思って、先日自動積立設定にして、別の通帳に積み立てるように設定しました。これで普段目にしない口座に一定額は貯まるはず。と目論んでいます。

これから中学、高校となるにつれ、男子二人、食費もかかるし教育費もかかる。節約も大事ですが、収入を増やす方向も真剣に考えていきたいです。

コツコツ地道にを合言葉に貯蓄しています。

お金は天下の回りものとよく言いますが、私のところには少ししか回ってきません。

今の会社に勤めて20年。4人の子どもを持つ賑やかな家庭を夫婦共働きで支えています。

貯蓄をするには、簡単に考えると収入を増やすか支出を減らすしかありません。ですが、衣食住に関わる支出に加え、教育費や冠婚葬祭など突飛な支出もあったりすると収入を逆転する場合があります。さすがに子どもが4人もいるといろんなことがあります。共働きとはいえ、私の少ない収入で、見事なやりくりをしている妻に頭が下がる一方です。

その妻にやりくりの秘訣を聞いたことがあります。それは「給料が振り込まれたら決まった金額を簡単に引き出せない口座に入金する」「頭から貯蓄用のお金は無かったものと思って生活をやりくりしている」とのことでした。

背伸びした額を貯蓄するのではなく、できる限りで、コツコツ貯めることが秘訣のようです。

私も早速、月1万円のおこづかいから2000円を貯金することにしました。おこづかいは8000円なんだと思うようにして。まだ始めたばかりでそれほど貯まっていませんが、今では通帳の残高を見るのが楽しみで、余計に貯金してしまう月もあります。

妻に言わせるとそれも貯蓄の秘訣のようです。

固定費の節約が一番簡単にできる節約方法です

節約といえば、1円でも安いものを買いにスーパーをはしごしてみたり、お風呂のお湯を使いまわしたりとか大変なイメージがあると思います。

でも、安いものを買うのにはしごするのってけっこう大変ですし、お風呂のお湯も家族何人も入った後のお湯で洗濯とかに使うのは衛生面も気になります。

今、節約で一番しやすいのは、食費を削ったりとか電気代を削ったりたりよりも、携帯電話などの固定費の節約です。

携帯電話のプランの見直しや家族がいる方では、家族のプランに入っているかや家庭でインターネットを使っているなら光サービスと一緒にするなどプランの見直しをされると意外と固定費の圧縮ができます。

後は、保険などのお金です。保険をかけているけど、昔のままで意外といまのプランにしたほうが安かったり、サービスも違ったりするのでその辺も見直ししてみると意外と節約できたりします。

固定費の節約ができたところで、外食が多い方は家で自炊をするようにしたり、自炊で食費の多い方はムダな買いものをしてないかなど見直しをしてみると意外なムダが見つかって節約できるかもしれません。

外食が多い方は、まずは、ごはんを炊くから始めるとだんだん自炊ができるようになると思います。

やりやすいところから節約すると、続けられてお金も貯まるようになります。

シンプルに生活をしていると自然に生活に余裕が生まれます!

大人になって落ち着いたシンプルなものだけを組み入れるライフを始めてからは、自然と省エネや貯金ができていたり決める。

手拭いは白紙の品物、ベッド保障チックも単色の品物、バッファ保障やラグや布巾もドレスも食器などもオール単色の
シンプルなものを選び生活をしていらっしゃる。やはりその他のアイテムチックなども単色のものを選び、ごちゃごちゃした柄ものは購入し
ないことにしていらっしゃる。

ごちゃごちゃした品物しか乏しい時折迷わず買わないという規定だけを内面に作ってライフをするだけでも、まったく衝動買い
を減らせるし、不必要なものをおうちに入れないようになるものです。

必要なものだけを住宅に入れて、いらないものは徹底的に加工をすることを徹底すると、床や棚もあっさり揃うので扶養も単に
数分でぱぱっと締めくくることができます。

以前はお仕事場で一目ぼれをしてしまったアイテムは買わずにはいられなくて、即買いしては一気に飽きて仕舞うというライフを繰り返して
いたのです。そして、埃も貯まり易くて扶養にも疲れていたりしたのです。

しかし、色つやを統一する要素だけを考えてライフをしようと統制を決めてからは、不必要なものに目がいかなくなったのです!

質の良いシンプルなものだけを摂るライフをするだけで、自然と支出が静まり自然とお金が少しずつ滞り、生活に余白
の感じができてしまう!

貯えと家屋月賦

自宅は備蓄の額面が断じて同年に比べると多くないと思います。なぜなら、積極的に民家借金の繰り上げ出金をやるからだ。一年に一度、年の暮れに備蓄を民家借金の繰り上げにあてる、という進め方をしています。民家借金、月払っていくと無論利率がかかります。だったら、利率を払わなくていいのだから積極的に少なく返していきたいね、というのが人間風の理解だ。

ですから、現在は何を切り捨ても備蓄にのぼる、と言うよりは民家借金の出金に達する、という感じです。私と同じようにいくらでも繰り上げ出金をやるそばもいますし、そうでないユーザーもいます。繰り上げていないユーザーは、ある程度の備蓄が貯まったら、その時にまとめて繰り上げをするんだ、といいます。でも、相当備蓄が貯まらないんだよね、というのです。確かに、私もその計算をとっていたら強制繰り上げ出金はできないと思います。繰り上げてしまったら、突然の支払いのところいかんせん、などと見まがうからだ。それに、かりに借金の出金に投じるとはいえ、備蓄の額面が鎮まるのはやりきれないですから。

積極的に民家借金の出金はしていますが、それでもわずかながら備蓄も増えていっています。こういう備蓄、将来は子供たちの学資、成婚リソース、人間カップルの老後のリソース、いずれに当てることになるのでしょう。分かりませんが、いずれに割振るとしてもちょっと手薄な額面だ。いずれにも充てられるみたい、無駄遣いはしないでせっせと有効のように備蓄に励んで行きたいだ。

元本のビジュアライズをはかりましょう。

「積み増したいな」と一念発起しても、具体的に何から始めればいいのか迷いませんか。「債務はないし、サラリーの範囲内で身辺できてるし、毎月のおサラリーの余白を貯金していれば、問題無いのではないか」と、思うかもしれません。
あんな皆様にお求め望むのが、「やりくり簿を塗り付ける定義」だ。一日の終わりに、その日の受け取りを集めてやりくり簿へ記入するだけでいいのです。やりくり簿へ記入する運営に反抗を受け取るなら、PC上でExcelに入力でも良いですし、それも手数だと感じるなら、スマホのやりくり簿アプリケーションで帰郷中に入力してしまいましょう。記帳本は何でも良いのです。【資産の流れをビジュアライズすること】が非常に重要なのです。
とにかく、一月距離続けてみましょう。そうすると、今まで自覚していなかった、あなたの資産の遣い方の病みつきが見えてきます。
後々受けとり蓄財当たりが残せた方も、今まで自覚していなかった自分の病みつきに気付くかもしれません。
衣装費の割合が高い、食費が厳しい、自己売り買いにいまいち回せていない…など、ビジュアライズすると自分自身の意外な認識が見えてきます。弱点を発見し、それを補強することで、より良い蓄財マンネリになれるのです。
現時点で、上手く蓄財できている方もできていない方も、やりくり簿で資産の流れをビジュアライズ講じるということは有効な運営なのです。やりくり簿で自分の資産の遣い方を掴んだあとは、先取り蓄財単価の設定や費目別の価格を一月当たり設定して、やりくり簿を垂らしながら価格オーバーしないよう生活してみましょう。
先取り蓄財を確保する結果心に空白が出来上がり、浪費を防止しつつ面白く日々を過ごすことができるでしょう。

23年成人1時目線の軽減法

わたしは手取り約15万の、OLだ。未だに1時世視線で家我が家ですが、
蓄積が趣味で1時世で100万は貯めようともくろんでいます。
あんな私の削減・蓄積術を紹介します。

①正午はお弁当を作って出向く
毎日の正午値段としてコンビニで約500円を使い果たすとして、それが月曜から金曜の5日間も続けば、週間で約2500円は食費として飛んでいきます。
月は約3ウィークですので、通常コンビニエンスストア食べ物が貫くと…食費だけでもバカにならないのがわかりますよね。

②ネイルや美院はポンパレ
ネイルは元値5000円~おっきい店頭で10000円はかかります。でも、わたしはネイルしてもらう機会、いつも3000円卓で済みます。
なぜかというと、ポンパレで切符を購入しているからだ。
このサイトは新しくできたネイルサロンや美院、食堂やホテルなど募集に力を入れるモールのために、
元値の経費よりもうんと安くして切符を売ってくれているインターネットなのです。
真新しいと言ってもまったくクオリティーに話は無いですし、非常にお得です。

③ネットでサイドワーク始める
わたしは薄給ということもあり、ネットでおお金程度のマネーを得ています。
わたしがネットで買取る収入源を紹介します。
・「キューモニター」
アンケートを答えると部分が買え、500部分から換金ができます。
1つのアンケートにつき、3~5ポイントです。今までで1500円は換金しました。

・「マクロミル」
世界最大のアンケートインターネットだ。アンケートの容積・カテゴリーともにたくさんあり、
本数のいらっしゃるアンケートを応えると厳しいもので100部分もらえたりするので
3か月あれば1000ポイントは到達します。

上記がわたしの削減・蓄積術だ。

私の実践している節約と豆知識(方法)について

スーパーの半額商品を購入することが節約の第一歩です。閉店間際に行くと生鮮食品は廃棄するだけなので確実に半額です。

他にはアマゾンギフト券を利用することです。

代金引換で購入する人が多いようですが手数料をとられたり購入できない商品があります(ほぼ全ての商品を購入できます)。

やり方はアマゾンHPの左上に、「ギフト券の登録」という部分があるので、ギフト券を購入後、券に記入された番号を登録するだけです。

豆知識に関しては、やる気を維持しつつ毎月定額が収入として入る(残る)方法を紹介します。

そのやり方は、「半分だけ貯金をおろす」という方法です。

具体的なやり方として先月は副業で約4500円の収入がありました。

この金額を例にとった場合、4500÷2=2500円が半額。

ATMでおろそうとすると端数は切り捨てなので、2000円か3000円のどちらをおろすか迷いますよね。ここがポイントで、あえて2000円の方を選びます。理由は、3000円おろしてしまうと残高が1500円で先月の4500円までの道のりが遠く感じます。でも2000円なら2500円で、少し頑張れば良いという余裕が出来ます。また本業が忙しくて副業に手が回せなくても残高があるので憂いがない。

やる気と収入を維持できる豆知識です。あなたも実践してみてはいかがでしょうか。

電気の節約を大事にしています。

私は主婦ですが家計を支えるために節約を心掛けているのですが何より一番節約の中で気にしているのが電気代の節約です。水道やガスの節約もしてはいるのですが、生活しているうえで一番使っているのが周りにあるのが電気の気がして電気を中心にして心がけるようになりました。一つ目の電気代節約で心がけているのは家の部屋の電気です。

常に部屋が暗いと嫌なので常についている状態なのですが一つの部屋に家族がいる状態になっています。夫は夕方に帰るのでひとつの部屋にいてもらっています。しかし台所やほかの部屋に行くときには電気をつけたらすぐに終わったら消すように心がけています。

そして炊飯器は炊くとラップにご飯を入れて炊飯器のスイッチはすぐにきることにしています。あと待機電力がよく問題になっていてそれで電気代がかかるときくのでコンセントをたくさん抜くことにしています。しかし一回気にしすぎて電気を節約するためにテレビのコンセントを抜いてしまい録画ができないことがありました。

やりすぎのも注意しないといけませんと夫から一度言われましたが全然気にしていませんでした。あとしているのは文字書きや料理の下ごしらえをして夜に無駄な電気を使わないように昼の明るいうちにすることが重要です