貯えと家屋月賦

自宅は備蓄の額面が断じて同年に比べると多くないと思います。なぜなら、積極的に民家借金の繰り上げ出金をやるからだ。一年に一度、年の暮れに備蓄を民家借金の繰り上げにあてる、という進め方をしています。民家借金、月払っていくと無論利率がかかります。だったら、利率を払わなくていいのだから積極的に少なく返していきたいね、というのが人間風の理解だ。

ですから、現在は何を切り捨ても備蓄にのぼる、と言うよりは民家借金の出金に達する、という感じです。私と同じようにいくらでも繰り上げ出金をやるそばもいますし、そうでないユーザーもいます。繰り上げていないユーザーは、ある程度の備蓄が貯まったら、その時にまとめて繰り上げをするんだ、といいます。でも、相当備蓄が貯まらないんだよね、というのです。確かに、私もその計算をとっていたら強制繰り上げ出金はできないと思います。繰り上げてしまったら、突然の支払いのところいかんせん、などと見まがうからだ。それに、かりに借金の出金に投じるとはいえ、備蓄の額面が鎮まるのはやりきれないですから。

積極的に民家借金の出金はしていますが、それでもわずかながら備蓄も増えていっています。こういう備蓄、将来は子供たちの学資、成婚リソース、人間カップルの老後のリソース、いずれに当てることになるのでしょう。分かりませんが、いずれに割振るとしてもちょっと手薄な額面だ。いずれにも充てられるみたい、無駄遣いはしないでせっせと有効のように備蓄に励んで行きたいだ。

元本のビジュアライズをはかりましょう。

「積み増したいな」と一念発起しても、具体的に何から始めればいいのか迷いませんか。「債務はないし、サラリーの範囲内で身辺できてるし、毎月のおサラリーの余白を貯金していれば、問題無いのではないか」と、思うかもしれません。
あんな皆様にお求め望むのが、「やりくり簿を塗り付ける定義」だ。一日の終わりに、その日の受け取りを集めてやりくり簿へ記入するだけでいいのです。やりくり簿へ記入する運営に反抗を受け取るなら、PC上でExcelに入力でも良いですし、それも手数だと感じるなら、スマホのやりくり簿アプリケーションで帰郷中に入力してしまいましょう。記帳本は何でも良いのです。【資産の流れをビジュアライズすること】が非常に重要なのです。
とにかく、一月距離続けてみましょう。そうすると、今まで自覚していなかった、あなたの資産の遣い方の病みつきが見えてきます。
後々受けとり蓄財当たりが残せた方も、今まで自覚していなかった自分の病みつきに気付くかもしれません。
衣装費の割合が高い、食費が厳しい、自己売り買いにいまいち回せていない…など、ビジュアライズすると自分自身の意外な認識が見えてきます。弱点を発見し、それを補強することで、より良い蓄財マンネリになれるのです。
現時点で、上手く蓄財できている方もできていない方も、やりくり簿で資産の流れをビジュアライズ講じるということは有効な運営なのです。やりくり簿で自分の資産の遣い方を掴んだあとは、先取り蓄財単価の設定や費目別の価格を一月当たり設定して、やりくり簿を垂らしながら価格オーバーしないよう生活してみましょう。
先取り蓄財を確保する結果心に空白が出来上がり、浪費を防止しつつ面白く日々を過ごすことができるでしょう。

23年成人1時目線の軽減法

わたしは手取り約15万の、OLだ。未だに1時世視線で家我が家ですが、
蓄積が趣味で1時世で100万は貯めようともくろんでいます。
あんな私の削減・蓄積術を紹介します。

①正午はお弁当を作って出向く
毎日の正午値段としてコンビニで約500円を使い果たすとして、それが月曜から金曜の5日間も続けば、週間で約2500円は食費として飛んでいきます。
月は約3ウィークですので、通常コンビニエンスストア食べ物が貫くと…食費だけでもバカにならないのがわかりますよね。

②ネイルや美院はポンパレ
ネイルは元値5000円~おっきい店頭で10000円はかかります。でも、わたしはネイルしてもらう機会、いつも3000円卓で済みます。
なぜかというと、ポンパレで切符を購入しているからだ。
このサイトは新しくできたネイルサロンや美院、食堂やホテルなど募集に力を入れるモールのために、
元値の経費よりもうんと安くして切符を売ってくれているインターネットなのです。
真新しいと言ってもまったくクオリティーに話は無いですし、非常にお得です。

③ネットでサイドワーク始める
わたしは薄給ということもあり、ネットでおお金程度のマネーを得ています。
わたしがネットで買取る収入源を紹介します。
・「キューモニター」
アンケートを答えると部分が買え、500部分から換金ができます。
1つのアンケートにつき、3~5ポイントです。今までで1500円は換金しました。

・「マクロミル」
世界最大のアンケートインターネットだ。アンケートの容積・カテゴリーともにたくさんあり、
本数のいらっしゃるアンケートを応えると厳しいもので100部分もらえたりするので
3か月あれば1000ポイントは到達します。

上記がわたしの削減・蓄積術だ。

私の実践している節約と豆知識(方法)について

スーパーの半額商品を購入することが節約の第一歩です。閉店間際に行くと生鮮食品は廃棄するだけなので確実に半額です。

他にはアマゾンギフト券を利用することです。

代金引換で購入する人が多いようですが手数料をとられたり購入できない商品があります(ほぼ全ての商品を購入できます)。

やり方はアマゾンHPの左上に、「ギフト券の登録」という部分があるので、ギフト券を購入後、券に記入された番号を登録するだけです。

豆知識に関しては、やる気を維持しつつ毎月定額が収入として入る(残る)方法を紹介します。

そのやり方は、「半分だけ貯金をおろす」という方法です。

具体的なやり方として先月は副業で約4500円の収入がありました。

この金額を例にとった場合、4500÷2=2500円が半額。

ATMでおろそうとすると端数は切り捨てなので、2000円か3000円のどちらをおろすか迷いますよね。ここがポイントで、あえて2000円の方を選びます。理由は、3000円おろしてしまうと残高が1500円で先月の4500円までの道のりが遠く感じます。でも2000円なら2500円で、少し頑張れば良いという余裕が出来ます。また本業が忙しくて副業に手が回せなくても残高があるので憂いがない。

やる気と収入を維持できる豆知識です。あなたも実践してみてはいかがでしょうか。

電気の節約を大事にしています。

私は主婦ですが家計を支えるために節約を心掛けているのですが何より一番節約の中で気にしているのが電気代の節約です。水道やガスの節約もしてはいるのですが、生活しているうえで一番使っているのが周りにあるのが電気の気がして電気を中心にして心がけるようになりました。一つ目の電気代節約で心がけているのは家の部屋の電気です。

常に部屋が暗いと嫌なので常についている状態なのですが一つの部屋に家族がいる状態になっています。夫は夕方に帰るのでひとつの部屋にいてもらっています。しかし台所やほかの部屋に行くときには電気をつけたらすぐに終わったら消すように心がけています。

そして炊飯器は炊くとラップにご飯を入れて炊飯器のスイッチはすぐにきることにしています。あと待機電力がよく問題になっていてそれで電気代がかかるときくのでコンセントをたくさん抜くことにしています。しかし一回気にしすぎて電気を節約するためにテレビのコンセントを抜いてしまい録画ができないことがありました。

やりすぎのも注意しないといけませんと夫から一度言われましたが全然気にしていませんでした。あとしているのは文字書きや料理の下ごしらえをして夜に無駄な電気を使わないように昼の明るいうちにすることが重要です

郊外の賃貸です

貯蓄はなかなかできるものではありません。まず、子供は自分の手で育てるべきです。なぜなら、小学校になってから、子供を学童保育に行かせるなんて、もってのほかだからです。そんなにまでして働かなくてもいいように、女性は、20代のうちから、せっせと貯金しておきましょう。将来の結婚に向けての貯金です。

家庭を持ったら、貯金は出来なくなります。一人のうちにため込むのです。

更に、家庭を持ったら、郊外の賃貸しましょう。これだけで、5万円ぐらい、住居費の節約ができます。都会がたとえ好きでも、子供が生まれると、もう、遊びに等いけないのです。子供が生まれるのをきっかけに、引っ越しましょう。

郊外なら、広いスペースも得られます。都会ではスペースも狭い、これでは、小学校の子供には無理です。家には荷物があふれます。どんなにしても足りません。子供のものは増え続けます。郊外ならそれを一時的においておくこともできます。おもいでの絵まで、捨てないといけません。

お母さんも働かなくてもいいかもしれません。早くそれに気が付くことが大切です。父親の通勤時間が短いというエゴに付き合っていると、あっという間に、子供は小学生になってしまいます。

私の節約術。

私の節約術は、結婚してからずっと書いている家計簿を書く事です。家計簿を書いていると、自然に節約の事を考えるようになると思います。実際に数字を書くだけではなく、記録しているので、見返す事も出来るので、なおいいと思います。先月と比べる事も出来て、出費を抑えようと思います。

月の途中でも、計算出来ますので、あとどのくらい余裕があるか分かり気をつけながら、生活出来ます。そして、見返すことで、不必要だった出費もみえてきて、反省し、来月に生かせます。私の周りでは、家計簿を書いている人は意外と少いです。何で家計簿を書くようになったか、当時はよく分からないままだったのかもしれませんが、今となって考えてみると、だいぶ節約に役立っているなと思います。

ですので、家計簿を続けていて良かったと思っています。ここまで続けてこれたのには、自分なりのルールがあります。それは、「その日のうちに、レシートを整理し、その日のうちに、家計簿に記入する!」という事です。色々やり方があると思いますが、このやり方が私には合っています。

レシートがたまってしまうと、どうしても億劫になってしまいますので。これからも、節約の為に家計簿を書いていきたいです。

使えるお金を小分けにして管理する

将来のことを考えて貯蓄をしようと考えてる人も多いと思います。
私も安い給料のなかから貯蓄に回してるお金があります。

いざ貯蓄をしようと思ってもなにをどうすればいいかわからないことも多いですよね。
私の場合もただ漠然と給料から月にいくら貯蓄しようといった安易な考えでした。

それはそれで貯まるのですが、もっと細かく無駄を省いて貯蓄して行くにはどうしたらいいかというのを考えて実行してきました。

私がやった貯蓄法ですが、まず月に使うお金を袋の中にわけるというものです。
食費とかガス代、新聞代などいろいろお金がかかることがると思います。

それを小分けにしていって袋に入れていくのです。
ガス代や電気代などは上下動するので多少多めに入れときますが、決まった額のはその金額を入れていきます。

買い物なども大体月にかかる費用を入れておき、入れたお金の範囲で済ますようにします。
私の経験からお金を無駄に使うのはしっかりと使えるお金というのをわけずに漠然と使うことだったのです。

ちゃんと月に使えるお金を分けてその範囲内で納めれば無駄なお金を使うことなくやっていけるのです。
いかに使わなくするかというよりいかに管理するかの方が貯蓄では重要になると思います。

特別凄い事ではありませんが、我が家の節約術です。

大した事では無いかも判りませんが、我が家が実践している節約術です。

我が家は、太陽光を屋根に設置しているのですが、そのタイミングで「エコキュート」に加入しました。

これがかなり大きいと思います。夜10時から翌朝7時までの時間、深夜電力を使用し格安で電気を使う事が出来ます。

ですから、電気を使う事はこの時間に行う様にしています。

例えば、携帯電話や電気シェーバー、携帯ゲーム機等の充電は、この時間に行います。

洗濯も勿論この時間にして夜のうちに干しますので、朝が楽です。

お風呂の残り湯を使用するモードにしていますので、すすぎまでは水を節約出来ます。

我が家は、6人家族ですし中学生の娘の部活の服など、洗濯物が非常に多いのでこの方法で助かっています。

特に梅雨時期など洗濯物が乾かない時は、乾燥をしますのでかなり電気を使用しますので、深夜電力を使わない手はありません。

お風呂も出来るだけ、家族全員がまとめて入る様にして、無駄な追い炊き等をしなくて良い様に集中して済ませます。

夕食後も家族全員が、なるべくリビングで過ごす様にして、夜10時からは各部屋へ行くと言う感じです。

使わない家電のコンセントなどは、元から抜いています。リビングのテレビ以外、すべてそうしています。

実際にどれ位の節約が出来ているのか、金額で出した事は有りませんが、毎日実践しています。

小銭が溜まる度に貯金に回してみると

財布の中に小銭が溜まっていると、それを少しでも吐き出して身軽にしようとついつい余計な小物まで買い込んでしまうものです。でももしそれらの小銭を使わずに一部を貯金に回し続ける事が出来たなら、その心掛けは1ヶ月も経てば相当な金額差となって現れてくる筈ですよね。

少なくとも帰宅時に纏まった数の小銭が財布の中に入っているのであれば、その中の定額分を貯金箱への貯金に回してみるというのはどうでしょうか。もちろん無理はせず、例えば頻繁に利用する100円玉まではそのままに、せめて500円玉のみを選別して専用の貯金箱に入れてみるのです。今では特定のコインのみを入れられる貯金箱も数多く販売されていますから、これらの選別貯金は大変チャレンジし易くなっているのです。財布の小銭入れがパンパンに膨れてしまう様な緊急事態のみ、100円玉以下の貯金も併せて実行すればちょうど良い筈です。

私もこの方法を2か月ほど実践してみたのですが、普段から仕事帰りにスーパーで買い物をしてゆく事もあって小銭も頻繁に溜まり、その間に合計8千円以上の貯金をする事が出来ました。小銭が無駄に溜まってしまったからといって無計画に消費するのは止め、確実に貯金に繋げられる様な習慣作りも大切でしょう。

それでもダメなら・・・
参考:パート主婦が収入証明なしでキャッシング( http://www.flippers1.com/